今月ピンチ!旦那に内緒でお金を借りたいけど…専業主婦の私でも借りることはできるの?

今すぐに、お金が必要… 何かと出費が重なり、月末の引き落とし金額が3万円ほど足りません。今月の生活費や貯金に手を出したら旦那と喧嘩になるので、旦那には内緒でお金を借りることにしました。

専業主婦の私がお金を借りれるところってどこ?
借りれたとしてもどうやって返済していくの? 本当に旦那にバレずに借りることができるの?

いざ借りるとなると気になることだらけです。私がカードローンを利用するときに感じた疑問をまとめてみました。これからカードローンを利用しようと考えている人は参考にしてみてください。

<疑問その1>専業主婦なんだけど借りれるの?

そもそも専業主婦に「誰がお金を貸してくれるの」って思いませんか? 専業主婦なのでもちろん収入がありません。 万が一借りれたとしても、返す当てがない…

でも、安心してください。専業主婦でも貸してくれるところはあります。 2010年に改正された貸金業法によって、”銀行カードローン”だけは収入のない専業主婦でも利用することができます。

それまでは、専業主婦でもアコムやレイク、アイフルなどの消費者金融でお金を借りることができました。でも、貸金業法の改正により、「年収の3分の1以下の貸付を禁止する」という総量規制という法律が制定されました。

総量規制により収入のない専業主婦は、配偶者の同意書があれば配偶者の年収の3分の1以下の借入が可能(配偶者貸付)となっています。

だけど、旦那に内緒で借りようとしている主婦には、配偶者の同意書を用意するのは無理です。 では、やはり専業主婦は借りることはできないのか?

大丈夫!専業主婦でも… 配偶者に一定の収入があれば、自身に収入がなくても30万円まで借入可能なのです。さらに、旦那にバレる事なく借りることができるようです。

ポイントは、銀行は総量規制対象外だということです。総量規制というのは消費者金融に対して設けられた法律なので、銀行や信用金庫などのカードローンに対しては対象外なのです。

つまり、銀行には貸金業法は適応されないので、銀行が提携しているカードローンであれば、専業主婦でも安心して利用ができるようになっています。

<疑問その2>お金を借りた事を旦那にバレないの?

専業主婦にとって、何より怖いのが旦那にバレること…ではないでしょうか?絶対にバレない方法とは言いませんが、試してみる価値はあると思います。

まず、家族にバレた主婦に聞いてみると原因は…

1.自宅への電話
2.自宅への郵便物


が原因のようです。 つまり、家族や旦那にバレないようにするためには…

1.申し込みに家の電話ではなく、自分の携帯番号を登録する
2.自宅へ利用明細が届かないように、WEB確認にして送付不要にする


ことで、バレる確率はぐ~ンと下がります。

最後に、ローンカードについてですが、最近の消費者金融のローンカードは「●●事務局」と名前を変えて分からないようにして送ってきます。銀行系のローンカードなら、今持っているカードにそのままローン機能が付くだけで、審査不要のようです。

カードを持っている時点ですでに審査には通っているから、余計な手間も時間もかかりません。旦那に内緒で借りたい、旦那の同意書は求められたいなら…銀行系カードローンがおすすめです。

<疑問その3>カードローンって延滞したらどうなるの?

カードローンの利用で注意しなければならないのは… 「未払い」「不払い」「延滞」「滞納」「支払いの遅延」などです。支払日までにATMの入金をうっかり忘れていた、通帳の残高が不足していて払えないといったケースです。

専業主婦なんで、もちろん収入なし…返済が遅れる事もあるかもしれません。TVのドラマなどでは、延滞したら家までヤクザが取り立てに来て、旦那にバレて離婚…なんていうのを見るので心配になります。

でも、安心してください。2010年に貸金業法が改正されて、嫌がらせや悪質な取り立ては禁止されました。

<貸金業法21条1項> 「貸金業を営む者または貸金業を営む者から貸付債権について取り立ての委託を受けた者等が、威迫または同項各号の規定する行為その他の平穏を害する言動をしてはならない」 と明記されています。

催促なども法に則った形で事務的に行われます。万が一、悪質な取り立てが行われたら、それは犯罪行為とみなされるので、警察に通報することができます。

でも、借りたからには延滞はしないで直ぐに返済することが大事です。 もしも延滞をしたら…

・銀行カードローンの場合>>>保証会社
・銀行系消費者金融の場合>>>金融会社


から支払い確認ができなかった通知と、入金のお願いが自宅に届きます。金融会社によっては、申し込み時に登録した携帯に、連絡が入ることもあります。

自宅に電話や手紙がきたら、間違いなく旦那や家族にバレます。バレないためにも、借りたら返す!これ当たり前です。

<疑問その4>毎月いくら返済したらいいの?

各銀行によって、借入残高に対する毎月の最低返済額が決まっています。 10万円借りたら、ひと月に2,000円~10,000円の返済になります。(銀行によって違うので借りるときに確認しましょう)

最低返済額が低ければ、毎月の負担は少なくて済むのですが…長期の返済は、利息が継続的にかかるので長い目で見ると大きな負担になります。

その分利息も増えます。借りる前に、まず自分に合った返済シュミレーションを立てましょう。

銀行によって返済額も違うので、自分は毎月いくら返済できるのか?繰り上げ返済を利用すれば、元金を減らすこともできます。

予定よりも早く返済することができるので、その分利子も少なくなります。無駄な利息を払い続けるのはもったいない…借りたらサッサと返すこと!

計算するのが苦手な人には、こんな便利な返済シュミレーションがあります。

<疑問その5>もしも返せなくなったらどうしたらいいの?

どうしても返済ができなくなったら、利用している銀行に電話をかけて相談しましょう。支払えなくなった理由を相談するタイミングも重要です。

返済日を過ぎてからでは絶対にダメです。返済日はあらかじめ分かっているので、必ず返済日前に相談しましょう。

銀行は、闇金業者のような取り立てはしませんが、延滞の手紙や電話を無視した状態にすると最終的には法的処置をとられて、民事調停や民事訴訟といった処置をとられます。

早めに相談することで、返済日を遅らせてくれることもあるので、返済できないのが分かったらすぐに銀行に相談しましょう。

それでも…どうしても返済ができない場合は、借金問題専門の司法書士や弁護士に相談しましょう。「債務整理」や「自己破産」といった方法を検討してくれます。

「債務整理」には、「自己破産」「任意整理」「個人再生」の3つの方法があります。自己破産でしか借金問題は解決できない?と思っていたら、借金問題の約7割は任意整理で解決できるといわれているます。

カードローンの返済に行き詰った人たちは、専門家に金融会社と個別に掛け合ってもらうことで、返済期間の引き直しや返済金額、利息の停止などを見直してもらいます。

返済可能な金額に仕切りなおしてもらう事で、返済計画を見直す「任意整理」を利用する人が多いようです。

でも、これは最終手段です。これらを使用することで、5~10年間はクレジットカードやカードローンを利用することはできなくなります。この様なことにならない為にも、返済は計画的に立てましょう。

結果… 専業主婦が借りることができるのは「銀行カードローン」だけ!

<疑問その6>専業主婦が旦那にバレないように口座開設ってできるの?

カードローンを作る際に注意したいのが、契約は郵送物が届かないWEBでおこなうことです。WEBでカードローンの申し込みをすると、余計な郵送物が自宅に届くことはないので安心です。心配な電話も、自宅の電話番号ではなく自分の携帯番号を記入すれば、家族にも旦那にもばれることはありません。

もしもWEB申し込みができないのであれば、テレビ窓口で作れるカードローンもあります。例えば、三菱東京UFJ銀行では、平日・土曜・祝日も18時まで口座開設ができます。持っていくものは、印鑑と現住所が記載されてある運転免許証やパスポートなどが必要です。

テレビ窓口で手続きが完了したら、ATMで通帳の受け取りをします。ただし、キャッシュカードは、口座開設から1週間程度で自宅に簡易書留で届くので、家族や旦那にバレずに口座開設がしたいのであればお勧めではありません。

一番いいのは、すでに持っている銀行のキャッシュカードにローン機能を付ける方法です。すでに審査に通ってキャッシュカードをもているので、新たな審査は必要ありません。利用限度額も30万円と無理なく利用できる金額になっているし、返済の時もコンビニATMやインターネットバンキングも利用で切るので便利です。

借りる銀行系カードローンによって、条件が違うのでいろいろと比較してから借りるようにしましょう。

<疑問その7>セブン銀行ってどうなの?

若い世代の方や出張の多いサラリーマンなどに多き利用されている「セブン銀行」のカードローン。専業主婦でも利用できるの?コンビニなのに銀行?と気になる疑問を調べてみました。

「セブン銀行カードローン」の特徴としては…

・WEB完結で書類不要
・セブン銀行口座のキャッシュカード1枚で借入れ・返済が可能
・土・日・祝日も7時~19時までならナント手数料が無料!
・原則24時間利用365日いつでも利用できる
・利用限度額は10万円、30万円、50万円の3種類から選択することができる
・振込みや口座振替(自動引落し)のたびに”nanacoポイント”がたまる
・返済金額が10万円借りた場合は、月々5千円。30万円、50万円借りた場合は、月々10,000円を自動引き落とし

<疑問その8>セブン銀行のデメリットとは?

セブン銀行は、賞与の受け取りや振込入金、口座振替、振込出金するだけで「10nanacoポイント」がもらえます。ちなみに、10nanacoポイント=10円です。ドンドンポイントがもらえる便利でお得なカードローンですが…デメリットもあります。それは、手数料が微妙にかかるという点えす。例えば、

・ セブン銀行各種手数料 手数料
・振込手数料(他行あて)216円
・振込手数料(セブン銀行あて) 54円
・ATM出金手数料(夜7時〜朝7時)108円


本当に微妙なんですが、大手の銀行系なら手数料が全くかからない銀行カードローンもあります。専業主婦で少しでも早く返済したいと思うなら大手銀行でカードローンを借りるほうがおすすめです。

<疑問その9>専業主婦がカードローンを借りるときに必要な書類とは?

カードローンを借りるときに、必ず必要なのが本人確認書類です。本人確認書類というのは、
・運転免許証
・パスポート
・住民票
・年金手帳
・健康保険証
・写真付き住民基本台帳カード
など、本人の住所氏名、生年月日などが記入されている書類のことです。たいていの場合、多くの人は”運転免許証”を提示しますが、在籍確認をされたくない人は”健康保険証”を提示することで、在籍確認が免れます。 どうして”健康保険証”だと在籍確認が免れるのかというと、”健康保険証”は勤務先の会社が加入している健康保険組合が発行しているので、”事業所名”が記載されています。これは、嘘偽りなく本人が在籍をしている証拠なので、たいていのカードローン会社は安心して在籍確認を行わないようです。"

ページのトップへ戻る
外為ジャパンの口コミ