解約方法について

カードローンの解約条件

カードローンを解約するためには、何か条件を満たさなければならないのでしょうか? まさにそのとおりです。 カードローンは無条件で解約することはできません。

解約条件があるので、それを満たすことで解約することができます。 その条件とは、借りたお金を全部返すことです。

つまり完済するということですが、完済すればカードローンを解約できます。 わずかであっても残債がある場合は、解約したくても解約できません。 なぜなら、カードローン契約の完了は、債務者の完済をもって終了するからです。

したがって、カードローンをどうしても解約したい人は、そこで借りたお金を早く完済するようにしてください。 完済すれば、解約金ゼロで契約を終わらせることができます。

カードローンの解約の流れ

カードローンを解約するまでには一連の流れがあります。 解約したいと思ってる人は、その流れを覚えてください。

まず始めに、借金の完済を行ってください。 カードローンの解約は借金の完済が前提なので、借金が残っている人は解約ができません。 完済が済んでいる人は、カードローン会社に電話か郵送で解約したい旨を伝えます。

ここからは会社によって対応が異なりますが、店舗に来店して必要書類を提出したり、カードセンターに連絡したり、担当支店に連絡をするなどして解約手続きを行います。 解約の申込が受理されれば、あとは会社のほうで手続きを進めてくれます。

それが全て終わったら通知が届くので、それをもって解約完了となります。

なお、解約時に必要な書類には、身分証明書、ローンカード、印鑑、通帳などがあります。 カードローン会社によって必要書類は異なりますので、事前に確認しておきましょぅ。

ページのトップへ戻る
外為ジャパンの口コミ