借入について

専業主婦が借入で必要な書類

専業主婦がカードローンの申し込みを行う場合に必要な書類には、次のようなものがあります。

それは、運転免許証、パスポート、健康保険証です。 この中のどれを提出しても構いませんが、できれば一番信頼されやすい書類を提出したほうがいいでしょう。 上に挙げた3つの中で一番信頼されやすいのは、運転免許証です。

なぜなら、運転免許証には本人を確認できる生年月日、現住所、顔写真、いずれも記載されているからです。 専業主婦の場合、収入証明書の提出が不要なので、その分、本人確認書類の質が重要なウエートを占めてきます。 したがって、できれば運転免許証を提出しましょう。

なお、現住所と違う住所が記載された書類を提出するときは、別途、印鑑証明書や公共料金の領収書などを提出しなければなりません。

専業主婦はいくらまで借りることができるの?

1専業主婦がカードローンを利用する場合、いくらまで借りることができるのでしょうか?

それは、個人属性によって決まります。 例えば、今どんなところに住んでいるか、現在の借入金はどのぐらいあるか、信用情報はどうかといった点です。 専業主婦なので収入がチェックされることはありませんが、その代わり旦那さんの収入がチェックされます。

そこで、旦那さんの収入が多くて安定してれば、借りられるお金も多くなります。 しかし、旦那さんの収入が少なく不安定なら、借りられるお金は少なくなります。 一概にいくら借りれると断言することはできませんが、一般的に専業主婦なら50万円が限度額の目安になります。

それ以上の金額を専業主婦で借りるとなると、相当条件のいい属性が必要になるでしょう。

ページのトップへ戻る
外為ジャパンの口コミ