金利・利息について

仮に5万円を借りたら利息はいくら?

カードローンで5万円を借りた場合、利息はいくら払えばいいのでしょうか? それを知るためには、まず利息の計算式を知らなければなりません。 利息の計算式は、元金×金利÷365×借入期間です。

5万円を借りるわけですから、元金は5万円、金利はここでは18%、借入期間は365日としておきましょう。 この計算式で計算すると、5万円借りた場合の利息は、1年で29589円となります。 カードローンの利息は借りたに日数と金額よって増えていく仕組みなっているので、少額の5万円は利息が比較的高くなります。

一方、金額が多くて借入期間が短くなれば、利息額は少なくなります。 ともかく、カードローンで5万円を1年間借りると、利息は1年で29589円になります。

金利・利息・利子はどう違うの?

金利、利息、利子はカードローンでよく出てくる言葉ですが、3つの言葉の意味はそれぞれ違います。 まず金利とは、元金に掛けられる一定の割合のことです。

15%とか、18%といった数字を目にすることがあると思いますが、あのパーセンテージが金利です。

金利は利率とも呼ばれていますが、一定の率を元金に掛けるという意味でそう呼ばれます。 次に利息とは、一定の率を元金に掛けて得られる数字のことです。 言葉の意味としては、借金に対するレンタル料と解釈されますが、そのレンタル料は元金に金利を掛けて求められます。

ある人は、15%や18%のことを利息だと思っていますが、そうではありません。 金利は利率、利息は元金に利率を掛けた金額のことです。 最後に利子ですが、利子は利息と同じ意味です。

ページのトップへ戻る
外為ジャパンの口コミ