総量規制について

総量規制って何?

カードローンやキャッシングで総量規制という言葉を耳にすることがありますが、これは一体何でしょうか? これは、個人向け融資において、借入金額を制限するその規制のことです。

消費者金融でお金を借りる場合、無制限に貸してもらえるわけではなく、申込者の収入に応じて制限が設けられています。 それは、本人の年収の3分の1までとなっています。 この年収の3分の1までという縛りのことを、総量規制といいます。

したがって、900万円の年収がある人は、一度に300万円までしか借りることができません。 そして、300万円の年収なら一度に借りれる金額は100万円といった具合です。 ただし、総量規制では適用外になるケースもあるので、必ずしも借りたお金に総量規制がかけられるわけではありません。 総量規制の適用外となるのは、事業性資金を借りる場合、自動車を購入する場合、不動産を購入する場合などです。

銀行は総量規制対象外ってどういうこと?

消費者金融は総量規制の対象になるけど、銀行は対象にならないという言葉を聞いたことがあるかもしれません。 これはどういうことかというと、消費者金融では自分の年収の3分の1までしか借りれないけど、銀行ならそれ以上でも借入ができるということです。

これが、銀行は総量規制対象外ということの意味です。 ちなみに、なぜ消費者金融は対象になって銀行は対象にならないのかと思われるかもしれません。 これは、消費者金融だと審査が甘く、返済能力のない人でも借りすぎてしまう可能性があるからです。

お金を借りすぎれば破産してしまう恐れがあるので、それを防ぐために消費者金融には総量規制をかけています。 一方、銀行の場合は、審査の段階で属性の高い人、つまり返済能力のある人ばかりを選抜していますので、借りすぎて破産する人が出てくる可能性は低いので、総量規制の対象にはなっていません。

ページのトップへ戻る
外為ジャパンの口コミ